バイセル切手買取の評判

今回私が利用したのはバイセルの出張査定による切手買取です。亡くなった祖父母が趣味で収集していた
ものでバラ切手だけでなくシート切手がファイル数冊分にも及び大量だったため自宅に来て
もらいました。査定員の方の対応もよく、どんな切手が高く売れるのか?いくらくらい値が
つくのか?等々切手素人の質問にも大変丁寧に答えて下さいました。
現在、切手市場は希少な中国切手や日本切手、外国切手に関しては中国富裕層の間で
高値で取引されており使用済みの切手であっても1枚数十万~数百万の価値があるものも
あるそうです。
家族が収集していた切手ですが、亡くなったため遺品整理品として処分しようと考えていました。でも切手といえども金銭的価値があるものですしゴミとして捨ているのはもったいない、できれば1円でもいいから高く売りたいと考えました。まず売却先として郵便局に当たってみたのですが切手販売は行っているけど買取はしていないということ。売却できるのは金券ショップや専門店、質店やインターネットオークション(ヤフオク)、メルカリなどで早速ネットで調べました。
切手買取で検索すると最初に出てきたのはバイセル(旧スピード買取)でした。
坂上忍さんがCMで頻繁にやっているので査定だけでもしてもらおうと思い無料相談をしてみました。バイセルには出張買取、宅配買取、持込買取、LINE買取の4つの方法がありますが、我が家には大量の切手がごちゃごちゃになっていて整理するのが大変なため査定員の方に来てもらう出張買取を選びました。
最短で翌日の午前中来られるとのことで、日曜日でしたが来てもらいました。
私自身、切手を集める趣味は全くないため価値がわかりませんが、古い切手がたくさんあることはわかっていたのでどれくらいの値がつくのか興味深々でした。記念切手や普通切手、プレミアム切手など同じ切手にもいくつかに分類できるそうで家族が収集していた切手の中にもレアな切手がありました。
日本で切手ができたのは明治時代に入ってからのため切手の歴史はそう古くはなく古伊万里などの骨董品とは価値において比較に成りませんが、それでも明治初期、大正、昭和の戦前以前に発行された切手には価値があるそうで例えば「龍切手(1871-72)」「桜切手(1872-76)」「鳥切手(1875)」の手彫り切手は使用済みであっても数万円の価値があり完全未使用で極美品であれば百万円近くするものもあります。まさかさすがにそのような価値のある切手は我が家にはないであろうと思っていたのですが、1枚だけ鳥切手の12銭(カリ)のイ、未使用品がありなんと80,000円と高額な値段がつきました。
鳥切手は12銭、15銭、45銭の3種類があり12銭のハであれば750,000円の値段だそうです。たった1枚の切手にそんな高額な価値があるとは知りませんでした。
近年日本切手だけでなく中国切手など切手収集マニアの間では1枚数十万~数客万円で取引されるものもあり、買取市場も激熱になっています。
バイセルでは遺品整理、昔収集していたけど今は不要になって売却したい切手や古銭があればどこよりも高く査定をして買取をしてくれます。もしあなたの家にも私と同じように故人の切手が大量に箪笥の中に眠っているのであれば換金すると良いですね。バイセルは即現金化してくれるのでちょっとお小遣い稼ぎとして利用してみるのも良いと思います。
良心的なおすすめ買取業者バイセルがおすすめです。
バイセルの切手買取査定の実体験レビューをしたいと思います。
家族が収集していた切手ですが、亡くなったため遺品整理品として処分しようと考えていました。でも切手といえども金銭的価値があるものですしゴミとして捨ているのはもったいない、できれば1円でもいいから高く売りたいと考えました。まず売却先として郵便局に当たってみたのですが切手販売は行っているけど買取はしていないということ。売却できるのは金券ショップや専門店、質店やインターネットオークション(ヤフオク)、メルカリなどで早速ネットで調べました。
切手買取で検索すると最初に出てきたのはバイセル(旧スピード買取)でした。
坂上忍さんがCMで頻繁にやっているので査定だけでもしてもらおうと思い無料相談をしてみました。バイセルには出張買取、宅配買取、持込買取、LINE買取の4つの方法がありますが、我が家には大量の切手がごちゃごちゃになっていて整理するのが大変なため査定員の方に来てもらう出張買取を選びました。
最短で翌日の午前中来られるとのことで、日曜日でしたが来てもらいました。
私自身、切手を集める趣味は全くないため価値がわかりませんが、古い切手がたくさんあることはわかっていたのでどれくらいの値がつくのか興味深々でした。記念切手や普通切手、プレミアム切手など同じ切手にもいくつかに分類できるそうで家族が収集していた切手の中にもレアな切手がありました。
日本で切手ができたのは明治時代に入ってからのため切手の歴史はそう古くはなく古伊万里などの骨董品とは価値において比較に成りませんが、それでも明治初期、大正、昭和の戦前以前に発行された切手には価値があるそうで例えば「龍切手(1871-72)」「桜切手(1872-76)」「鳥切手(1875)」の手彫り切手は使用済みであっても数万円の価値があり完全未使用で極美品であれば百万円近くするものもあります。まさかさすがにそのような価値のある切手は我が家にはないであろうと思っていたのですが、1枚だけ鳥切手の12銭(カリ)のイ、未使用品がありなんと80,000円と高額な値段がつきました。
鳥切手は12銭、15銭、45銭の3種類があり12銭のハであれば750,000円の値段だそうです。たった1枚の切手にそんな高額な価値があるとは知りませんでした。
近年日本切手だけでなく中国切手など切手収集マニアの間では1枚数十万~数客万円で取引されるものもあり、買取市場も激熱になっています。
バイセルでは遺品整理、昔収集していたけど今は不要になって売却したい切手や古銭があればどこよりも高く査定をして買取をしてくれます。もしあなたの家にも私と同じように故人の切手が大量に箪笥の中に眠っているのであれば換金すると良いですね。バイセルは即現金化してくれるのでちょっとお小遣い稼ぎとして利用してみるのも良いと思います。
良心的なおすすめ買取業者バイセルがおすすめです。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !